【武雄】300万年続く九州の大自然をアートにしたチームラボの展覧会に、秋限定の景色が登場

アート

御船山楽園(九州・武雄温泉)で開催中の大自然のアート展「ボルボ チームラボ かみさまがすまう森」に、秋限定の景色が登場。無数のランプが輝く空間には紅葉の色彩が、お茶にインタラクティブな花が咲く作品には秋の花々が登場。また、9月4日(土)からは、光でできた彫刻作品が新たに公開される。

広告

御船山楽園は、300万年続く自然に囲まれた、50万平米にも及ぶ敷地に創られた大庭園。その大自然の中に、毎年夏から秋にかけて出現する「ボルボ チームラボ かみさまがすまう森」は、今年で開催7年目を迎える。自然が自然のままアートになる広大な展覧会で、CNN「行くべき世界の屋外アート展 2021」にも選ばれた。

チームラボの作品は、季節によって変化することも特徴のひとつ。本展においても、実際の季節とともに移ろう作品が、今の時期だけ秋の装いに変わる。御船山楽園ホテルのロビーに展示されているランプの作品《呼応するランプの森とスパイラル》は、これからの季節、秋の色彩「山の紅葉」で輝き、庭園内で体験できる作品《小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々》では、季節の花々が咲くお茶を実際に飲むことができ、9月からは様々な秋の花々が登場する。いずれも9月1日(水)から、秋の期間だけ体験可能。

一方、《Light Sculpture of Flames》(ライトスカルプチャー・オブ・フレームズ)は、2016年に「シリコンバレーではじめてアートが受け入れられた」と評された、チームラボの大規模個展で展示されて以来、初めて公開される。無数の光の点の集合によって、3次元の立体物である炎を創り出した、インタラクティブな光の彫刻作品で、本展のメインパートナーであるボルボとのコラボレーション空間に展示される。一般公開は9月4日(土)から。

イベント概要

チームラボ かみさまがすまう森

『ボルボ チームラボ かみさまがすまう森』
会期:2021年7月16日(金)〜11月7日(日)
会場:御船山楽園(佐賀県武雄市武雄町大字武雄4100)
時間:7月16日(金)〜9月13日(月)19時〜22時30分
   9月14日(火)〜10月11日(月)18時〜22時30分
   10月12日(火)〜11月7日(日)17時〜22時30分
※入場は第一入門口、および開園の1時間後より第二入門口も利用可能 / 最終入場は22:00まで
料金:平日:大人 1,200円 / 中高生 800円 / 小学生 600円 / 未就学児 無料
   土日祝:大人 1,400円 / 中高生 800円 / 小学生 600円 / 未就学児 無料
HP:https://www.teamlab.art/jp/e/mifuneyamarakuen/

チケット販売:チームラボ公式チケットサイト、御船山楽園会場、ローソン
お問い合わせ:0954-23-3131(御船山楽園ホテル)

冠協賛 :ボルボ・カー・ジャパン株式会社
協賛  :株式会社ジーシー
特別協力:サガテレビ

ボルボ チームラボ かみさまがすまう森」について

300万年前、有明海から隆起して生まれたといわれる御船山。その後、1300年前に名僧行基が入山し羅漢像五百体を安置、江戸時代後期には第28代武雄領主の鍋島茂義が50万平米もの山麓に御船山楽園を創った。園内には、長い時間をかけてゆっくりと形作られ、今日の姿形となった巨石や洞窟、森などが息づいている。その姿形やテクスチャーは、長い年月そのものを表し、長きにわたる自然と人との営みの軌跡であると考えるチームラボ。本展において、自然のありのままの形を、デジタルテクノロジーによってアートにすることで、長い時間の連続性を表現することを模索している。会期は7月16日(金)から11月7日(日)まで。

展示作品紹介

森の中の、呼応するランプの森とスパイラル – ワンストローク、山の紅葉

teamLab, 2018, Interactive Installation, Murano Glass, LED, Endless, Sound: Hideaki Takahashi


小さきものの中にある無限の宇宙に咲く花々

teamLab, 2016, Interactive Light Sculpture, Endless, Sound: Hideaki Takahashi


Light Sculpture of Flames

teamLab, 2016, Interactive Light Sculpture, Endless, Sound: Hideaki Takahashi

チームラボとは

TEAM LAB

アートコレクティブ。2001年から活動を開始。集団的創造によって、アート、サイエンス、テクノロジー、そして自然界の交差点を模索している国際的な学際的集団。アーティスト、プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、数学者、建築家など、様々な分野のスペシャリストから構成されている。
チームラボは、アートによって、自分と世界との関係と新たな認識を模索したいと思っている。人は、認識するために世界を切り分けて、境界のある独立したものとして捉えてしまう。その認識の境界、そして、自分と世界との間にある境界、時間の連続性に対する認知の境界などを超えることを模索している。全ては、長い長い時の、境界のない連続性の上に危うく奇跡的に存在する。
ニューヨーク、ロンドン、パリ、シンガポール、シリコンバレー、北京、台北、メルボルンなど世界各地で常設展およびアート展を開催。東京・お台場に《地図のないミュージアム》「チームラボボーダレス」を開館。2022年末まで東京・豊洲に《水に入るミュージアム》「チームラボ プラネッツ」開催中。2019年上海・黄浦濱江に新ミュージアム「teamLab Borderless Shanghai」を開館。2020年6月にマカオに常設展「teamLab SuperNature Macao」ソフトオープン。2021年7月16日から九州・武雄温泉・御船山楽園にて「ボルボ チームラボ かみさまがすまう森」開催。
チームラボの作品は、ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館(シドニー)、南オーストラリア州立美術館(アデレード)、サンフランシスコ・アジア美術館(サンフランシスコ)、アジア・ソサエティ(ニューヨーク)、ボルサン・コンテンポラリー・アート・コレクション(イスタンブール)、ビクトリア国立美術館(メルボルン)、アモス・レックス(ヘルシンキ)に永久収蔵されている。
https://www.teamlab.art/jp/

画像提供:チームラボ

アクセス

ピックアップ記事

関連記事一覧

about クリップ九州

クリップ九州は九州のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州情報を中心に、イケてるヒト・モノ・コトをご紹介しています。
クリップ九州