【福岡】大名で作られるDIYクラフトビールが海を超え、本場ポートランドの醸造所とコラボ生産へ

情報提供「クラフトビール FUKUOKA CRAFT」ポートランドコラボ缶ビール先行発売
ピックアップ

九州経済の中心「天神」の中でも、数十年にわたり、若者が集まる街として人気の「大名」。

一見、よくあるクラフトビールが集まるバーのように見えて、ビールの本格醸造所を併設するのがブリューパブ「FUKUOKA CRAFT」です。

ブリューパブ(BREW PUB)とは、小規模設備のビール工場と、 そこで醸造したビールを提供する飲食店を指します。日本には、まだまだ数えるほどしかブリューパブはありません。その理由としては、日本の法律では自宅でのホームブルーイングができないことや、酒造免許の取得・設備投資や原料の調達など、あまりにも高いハードルが待ち構えているためと言われます。

その高いハードルを超え、2017年からビールの生産をスタートしたFUKUOKA CRAFTには、世界中からクラフトビールファンが訪れていると言います。

フクオカクラフト

そのFUKUOKA CRAFTを支えるのが、アメリカ出身の醸造職人ビクターさん。「個性が出しやすく、奥が深い」というビールの世界に魅せられて、チャンジと品質の維持に目を光らせています。

フクオカクラフト

そんなFUKUOKA CRAFTですが、店舗併設の醸造所では、1か月に2,000リットルしか造ることができないと言います。オリジナルのクラフトビールが人気になる一方で 、自店舗以外での取り扱いも増え、来店されたお客さんからは、缶ビールとしての発売を求める声も高まります。

ニーズに応えようと検討した結果、他の醸造所の協力を得て缶ビール発売プロジェクトを進める決断をします。
さらには、ご近場の醸造所に頼るのではなく、クラフトビールの本場アメリカ「ポートランド」の醸造所に協力を得ようと考えたのです。

ポートランド

ナイキやスターバックスの創業の地としても知られるポートランドですが、クラフトビールの聖地としても知られており、DIYスピリッツあふれる大小様々な醸造所が活躍しています。

FUKUOKA CRAFTのオリジナルレシピをポートランドの醸造所で生産し、パッケージングするというものです。

そんなFUKUOKA CRAFTの缶ビール発売を記念した、先行販売募集クラウドファンディングがスタートしています。

九州から世界的に人気のクラフトビールメーカーが生まれたら…

そんな期待に応えてくれそうなプロジェクトはこちらから

ピックアップ記事

関連記事一覧

about Clip!KYUSHU

Clip!KYUSHUは九州のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州情報を中心に、イケてるヒト・モノ・コトをご紹介しています。
Clip!KYUSHU