鹿児島|50種類のボタニカルから抽出された FLOWER GINを 限定発売

フラワージン
九州

鹿児島県日置市の西酒造の、働く大人を応援する新ブランド「ORIGIN」から、50種類のボタニカルが織りなす新感覚のジン「FLOWER GIN」を発売開始。

広告

優雅な花の香りが、 飲んだ瞬間にふわっと広がる「FLOWER GIN」は、ラベンダー・カモミール・マリーゴールド・ローズレッドの花、和柑橘の皮、木の実やコショウなど、50種類のボタニカルから丁寧に抽出された香り高く華やかなジン。味わいはキリッとした辛口で、花や柑橘の風味とスパイス感があり、なめらかに溶け込んだアルコール感と、甘味がほんのりと鼻に抜けてやわらかな質感となっている。

冷えた炭酸で1:1に割ると、ボタニカルの風味が際立ち、より華やかな香りとライトな飲み口を楽しめる。料理に合わせてスパイス感やキリッとした飲み口が欲しい方は、ストレートかロックがおすすめとのこと。

商品概要

名称:FLOWER GIN(フラワージン)
価格:5,500円(税込)
販売:https://www.nishi-shuzo.co.jp/origin/
度数:アルコール 40度
原料:スピリッツ(国内製造)
容量:500ml

鹿児島|50種類のボタニカルから抽出された FLOWER GINを 限定発売

鹿児島|50種類のボタニカルから抽出された FLOWER GINを 限定発売

香り:★★★★
甘み:★★

ピックアップ記事

関連記事一覧

about クリップ九州

クリップ九州は九州のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州情報を中心に、イケてるヒト・モノ・コトをご紹介しています。
クリップ九州