六本松のくつした屋さん How’s Thatが、残糸(ざんし)を活用したカラフル靴下を販売!

残糸ソックス
ファッション

六本松のくつした屋さんHow’s Thatが、残糸(ざんし)を活用したカラフル靴下を販売。「アパレル商品のゴミ問題」に向き合い、産業廃棄物を減らすための取り組みを行っている。

広告

昨今よく報道される「アパレル商品のゴミ問題」は、生産現場でも大きな問題となっている。六本松のくつした屋さん How’s Thatは、工場としてこの問題に向き合うべく、今回の新商品開発に取り組んだ。生産過程で残糸が出ることは多々あるが、その多くは経年劣化を経て捨てられる。更に、靴下は一般的に2枚1組で”1足”という単位になる。しかし、生産や検品は1枚1枚で行うため、1組として成り立たなかった1枚は靴下にはなれず、処分されてしまう。

そこで今回の新商品は、品質・状態の良い「残糸」を差し色として活用。2枚1組にせず、1枚から販売を行う、”工場本位な靴下”を販売する。足の大きさや好みの色に合わせて、左右別々に購入することができ、それが廃棄を減らす活動の一歩となる。

商品概要

『残糸ソックス』
価格:1枚 800円(税別)
サイズ:Mサイズ(22cm~24.5cm)20色展開
    Lサイズ(25cm~27.5cm)15色展開
    LLサイズ(28cm~30cm) 10色展開(予定)
※生産数量は1色あたり3枚~60枚と、かなりの差があります
※同じ物を再生産することはできません

店舗概要

『六本松のくつした屋さん How’s That』
住所:福岡市中央区六本松1丁目4-11 MM202
時間:11:00〜19:00 不定休
HP:https://www.howsthat-shop.com/

アクセス

ピックアップ記事

関連記事一覧

about Clip!KYUSHU

Clip!KYUSHUは九州のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州情報を中心に、イケてるヒト・モノ・コトをご紹介しています。
Clip!KYUSHU