『アニメ化30周年記念企画 ちびまる子ちゃん展』、福岡アジア美術館で10月24日より開催!

アート

10月24日(土)から11月29日(日)まで、「ちびまる子ちゃん」の魅力に迫る展覧会『アニメ化30周年記念企画 ちびまる子ちゃん展』が、福岡アジア美術館にて開催。

広告

1986年、少女マンガ雑誌『りぼん』(集英社)で連載を開始した「ちびまる子ちゃん」は、1990年にアニメ放送が始まり、2020年に放送開始30周年を迎えた。同作は明るくてユーモアがある「まるちゃん」と、その仲間たちが繰り広げる日常を描く。1990年、エンディング曲『おどるポンポコリン』はミリオンセールス、そして日本レコード大賞を受賞。アニメ部門過去最高視聴率39.9%(1977年以降の測定に基づく/関東地区・ビデオリサーチ調べ)を記録し、国民的アニメとなった。

同展では、セル画、スケッチ画、絵コンテ、映像など約350点を展示し、アニメ制作の裏側を紐解く。また、2018年8月に急逝した原作者さくらももこの直筆脚本やキャラクター設定資料、プライベート作品なども展示し、アニメへの想いや日々の暮らしに迫る。

展覧会概要

『アニメ化30周年記念企画 ちびまる子ちゃん展』
期間:2020年10月24日(土)〜2020年11月29日(日)
会場:福岡アジア美術館 企画ギャラリーA・B・C
時間:日〜木 9時30分〜18時まで
金・土 9時30分〜20時まで
※最終日11月29日(日)は18時まで
※入室は閉室の30分前まで

休館:毎週水曜日
料金:一般:1,300円 / 高大生:1,000円 / 小中生:600円 / 小学生未満:無料
※ご入場には日時指定チケット(事前予約)が必要です
※中学生未満は、保護者同伴
※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、特定医療費(指定難病)受給者証、特定疾患医療受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者は本人のみ観覧無料

主催:TNCテレビ西日本、西日本新聞社、LOVE FM、東映
問合:東映 092-532-1082(平日10時〜18時)
特別協力:さくらプロダクション、日本アニメーション
公式HP:https://www.direct-ns.co.jp/marukoten/

ちびまる子ちゃん展
「今日は体力テストだ!!」の巻
セル画・背景 1996年
ちびまる子ちゃん展
「まる子 浅草へ行く」の巻
セル画・背景 1996年
事前予約について

ARTNEチケットオンライン(https://exhibition01.ticket.artne.jp/)にてチケットを販売

  • 無料入場対象者の方を含め、すべてのお客様がチケットページでの事前予約が必要になります
  • 定員に達していない日時であれば、当日でもチケットページでの購入が可能です
  • ご希望の日時が完売している場合はご購入頂けませんので、事前に販売状況をチケットページでご確認ください
  • 学生の方、障害者手帳等お持ちの方は、来場の際日時指定チケットとあわせて確認ができるものをご提示ください
アクセス

ピックアップ記事

関連記事一覧

about Clip!KYUSHU

Clip!KYUSHUは九州のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州情報を中心に、イケてるヒト・モノ・コトをご紹介しています。
Clip!KYUSHU