[中国東方航空]上海空港トランスファー失敗のおぼえがき

中国東方航空
ブログ

先日アメリカに行った際に、中国東方航空を利用して、福岡→上海→アメリカ のトランジット(厳密にはトランスファー)で渡航したのですが、帰りの便で出発遅延&向かい風による遅延で、乗継便に間に合わず、急遽上海に泊まることになりました。

広告

順調にトランジットできていれば、上海空港では入国せずに、トランスファーゲートを通過する予定だったのですが、中国人スタッフの誘導で一旦イミグレーション(出入国管理)に向かい、中国に入国しました。
 
トランスファーゲートの中国人スタッフによると「そこの階段を降りて、左に曲がったカウンターで受け付けするアルヨ(英語)」といっていたので、階段を降りてカウンターを探すもカウンターなんかない。
 
周りの中国人に聞くも、英語がなかなか通じず(わたしの英語力のせいかも)、やっとのことで中国東方航空のカウンターにたどり着いたのですが、目視で20人以上いた日本人トランスファー難民がカウンターでは4人。

きっとたどり着けなかったんだろうな…

きっと迷ったあげく、自力で一泊することにしたんだろうな…なんてポジティブに思いながら、今後のトランスファー難民のために、体験記としてここに残しておきます。結論としては中華LCCでケチらずにJAL/ANAで行け!という話なんですが、中国東方航空の上海空港(PVG)トランスファーで失敗した人がここにたどり着いてくれて、ホテルにたどり着けばいいな…と。

まあ、それも上海のフリーWIFIに接続できたらの話..

※2017年3月の体験記なので、状況は変わる可能性があります。

上海浦東国際空港(PVG)から中国に出国

中国東方航空の機内食に期待したらダメ

トランスファー失敗の場合、預け荷物は上海空港で受け取ります。そして翌日の出発の際に、再度搭乗手続きで預けます。ちなみに、搭乗手続きカウンターがモタつき気味&出国イミグレが激混みの可能性があるので、翌日の出発は、充分に余裕を持って上海空港に向かいましょう。

預け荷物を受け取ったら、イミグレーション(出入国管理)を通り、中国に入国します。上海空港(PVG)国際線の3階にある出国カウンター「Departure」に向かいます。

最初の難関

上海空港の突き刺さりそうな天井のデザイン。

3階のJカウンター隣の少し奥のほうに「中国東方航空」のカウンターがあるので、ここで「ディレイ(遅延)なのでホテルを用意してほしい」と伝えます。ずいぶん待たされますが(私のときは1時間くらい)、用意ができたらみんなでゾロゾロと1階のバス乗り場に向かいます。

ろくに説明もないまま、ハイエース的なものに乗せられ、ドナドナ気分を堪能します。
単独で行き先に迷ってたら、バスのりば付近でホテルの客引きに合うケースも。いま思えば、その選択肢も悪くないです。

中国東方航空

空港周辺を抜けると、舗装されていない道もガタガタと進み、30分くらいでホテルらしきものに到着します。

上海华东商务大酒店

赤いネオンが爆発しそうで不気味。ここが虚空会社提携のホテル。

酒店は中国語で「ホテル」
ちなみに中国語で酒店は「酒馆」だそう。

到着してホテルのカウンターでチェックインすると、お代は「航空会社持ち」とのこと。
申し訳程度のカップ麺をもらう。

康師傅紅焼牛肉麺

一個80円くらい。あまり日本と変わらない。
あとで気づくことになるけど、晩御飯はこれだけでした。
  
なぜなら
人民元に両替もしてないし、近所のお店はVISA・MASTERクレジットカードも使えません。
ぎん

 
IMGP5308

古いビルをリノベしたビジネスホテルなのかな。

引き出しには大気汚染対策用のいかついガスマスク。
せっかくなので周辺でお食事を

右のカフェは建設中 右のカフェは建設中

暗い

なんもねぇ
というか閉まってる。

お土産屋が営業してたけど、人民元を持ってないし、クレジットカードも使えねえ。
ホテルのフロントでも両替できねえ。

   

まいったね

   
ホテルでルームサービスでも頼もう

読めねえ

読めない..

しょうがねえ、紅焼牛肉麺食うか

箸がねえ!!

 
 

箸ねえ!と思ったらカップ麺の中に入ってた と思ったらカップ麺の中に入ってた。
 

ボディーシャンプーとシャンプーどっちがどっちかわからねえ
 
 

シャワーあびてフリーWIFIで周辺をしらべよう..
WIFIつながったけど、サイト見れない。

と思ったら中国のアクセス規制でGoogleやfacebook、instagram等日本でメジャーなサービスにアクセスできないだけでした。
Baiduからアクセスすると見れる不思議。と、これに気付くのに1時間くらいかかった。プンスカ

 
 
そんなこんなでスグ寝ました。
 
 

ZZZ

 
 
翌日はモーニングコールで起こされ、ホテルの朝食を。

IMG_6063

IMG_6064

IMG_6065

こう見えてまあまあ美味しかった。

 
 

さあ、みんなで空港にレッツゴー!
昨夜は真っ暗で見えなかった上海の美しい光景が目に入ります。

 

上海の大気汚染なめんな 上海の大気汚染なめんな

 

美しい光景はなにもない。これでも天気は「晴れ」です。
まあいいや、上海空港はでかくて、国内線ターミナルと国際線ターミナルが別れてるので、まちがったところでバスを降りると痛い目にあいます。
 
 

空港でもしつこく薦めてくる 空港でも売ってた。

で、国際線3階の中国東方空港で搭乗手続き。
行先によってカウンターが異なるので、スタッフに尋ねましょう。
 
 
なお、日本語上手なスタッフがちょこちょこいるようなので、悪口言うと聞こえます。

 

中国東方航空
 

というわけで無事日本に帰ってきたわけですが、教訓は2つ

 

(1)もう自腹で市街地のホテルにとまったほうがイイかも!
(2)財布が許す限りJAL/ANAに乗れ

 
ということです。

  
中国東方航空は「LCCのなかでも安い」けど「そのかわりトラブル多い」って印象でしたが、もろにくらいました。
とはいえ、行きの便は幸運にもスムーズでしたし、ちょうどてるみクラブ問題のさなかでしたので、「まだマシか」なんて思ってます。
トラブルをくらっても楽しんじゃう精神だと、LCCはやめられないのです。
 
 
けっきょくLCCが好きなのです。
 
 
機内食はいまいち

中国東方航空は席ごとにエンタメモニターがないです。
そのため暇つぶしアイテムが必須です。

ラップトップとタブレットはOKですが、機内ではフライトモードでもスマホが使えません。たぶんサムスンのギャラクシー爆発問題が起因しているとおもうんだけど。おやつと映画をDLしたiPadを準備して乗り込みましょう。

ピックアップ記事

関連記事一覧

about Clip!KYUSHU

Clip!KYUSHUは九州のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州情報を中心に、イケてるヒト・モノ・コトをご紹介しています。
Clip!KYUSHU