【種子島】ワーケーションにも最適!暮らすように泊まれるバリアフリー宿「カモメ」

そのほか

一級建築士事務所 studioKANROがプロデュースする1日1組4名限定の宿「カモメ」が、昨年9月、種子島にオープン。南の島での時間をゆっくりと堪能できる空間で、コロナ渦での人混みを避けたい旅行者にもおすすめ。

広告

細部までオリジナルデザインされた空間は、バリアフリー対応で車いす利用者でも宿泊可能。カップルはもちろん家族連れでの旅行に最適で、土間リビングはワーケーションの場所としても利用できる。

キッチンには、冷蔵庫や備え付けの食料・調味料等もそろっていて、ショートステイからロングステイまで、まるで島に暮らしているかのように楽しめる。また、水回り設備もすべて車いす対応のバリアフリー仕様となっているので、老若男女で快適に過ごせる設備が整っている

施設概要

カモメ

『カモメ』
住所:鹿児島県西之表市鴨女町14415-10
料金:1泊1名あたり8,000円~
電話:090-8228-4291
Mail:info@studiokanro.co.jp
運営:株式会社studioKANRO
HP:http://studio-kanro.com/

アクセス

ピックアップ記事

関連記事一覧

about Clip!KYUSHU

Clip!KYUSHUは九州のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州情報を中心に、イケてるヒト・モノ・コトをご紹介しています。
Clip!KYUSHU