老舗窯元と旅館大村屋のコラボによる究極の有田焼プリンが登場

究極の有田焼プリン
佐賀

有田焼の老舗窯元アリタポーセリンラボと、嬉野温泉の旅館大村屋が、佐賀県の名産である「有田焼」と「牛乳プリン」でコラボレーションし 「究極の有田焼ブリン」を発表した。この発売を記念し、クラウドファンディグサイト「Makuake」で先行予約をスタートした。

広告

「究極の有田焼ブリン」は、有田焼の上質な器。
嬉野を代表する老舗旅館「大村屋」では、夕食の会席料理のデザートでお出していた抹茶プリンが好評で、 持ち帰りたいというお声が多く寄せられプリント販売を開始。1992年の発売以来、人気の定番商品。今回は、生乳と抹茶が織りなすやさしい甘さの『抹茶プリン』、和紅茶のほんのり上品な風味のソース『紅茶プリン』、釜香の香ばしさとお茶のコクがたつ『釜炒り茶プリン』の3種類をセットにした。

プリンの味を決める牛乳は、嬉野産の「ナカシマファームの朝搾り生乳」を使用。嬉野の地で堆肥をつくり、牧草を育て、愛情を込めて育てた牛から、搾乳したての牛乳をプリンにする。週に3日ほどしか作れないこだわりのプリンは、朝しぼりの生乳を、その日のうちにプリンに加工し、みずみずしくなめらかな食感を実現した。

ピックアップ記事

関連記事一覧

about クリップ九州

クリップ九州は九州のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州情報を中心に、イケてるヒト・モノ・コトをご紹介しています。
クリップ九州